思うこと、いろいろ


その1

夏の会の制作を終えて、今は今月22日に開催される
岡山でのホテル催事用の絵を制作中。
今年も制作数がもう50点目に突入した。

どうやったら絵描きになれるか?
そんなのが解る位なら苦労はしないぜ(笑)

大体どこが絵描きの定義なのか判らないし、
1000枚描けば、とかコンペで賞取れば・・・とか言ったところで意味はないと思うし。

そう言えば、これまで紆余曲折して37歳位まで色々なアルバイトをしたな。
クリーニング業者でビル清掃とか小学校の壁にペンキでイラストデザイン描くとか、
運送会社の倉庫で荷物積み下ろしとかレストランやダイニングバー、居酒屋でキッチンとか・・・
あー絵画講師もバイト扱いだ(笑)
時給1000円位で多い時には1日14時間働いて、絵の具買って家賃払ってオシマイだった。
野菜なんか高いし腹にたまらないし意味ない!ホウレン草200円!?鶏肉200g買えるじゃん!
って本気で思ってた(笑)
毎日精一杯だったけれど、全ては 絵を描くのだけは止めない という目標があったから。
今、毎日ビールが飲めるおれは幸せだ。

心配事なんか数えたらキリがないけれど、いくら頭で考えたって答えは出なかった。
想像を超えた不思議な出会いや、つながりが出来ていくからね。
もちろん限界の手前まで考えることは必要だし、その時に何をするべきか?
それが常に答えに導いてくれると信じている。

テクノロジーも気分も日々変わるけれど、スマホ にも 数年ぶりの短髪 にも、もう慣れた。

その2

絵を届けるために銀座の画廊へ向かった。
会期までにはまだ日数があったから、というのもあるけれど、
1点に 直し の要求が出た。(あ、前回このブログに出した絵ではないからね)
画廊では初めての経験。
他の絵に比べると少し弱い、もう少し見える形にメリハリがあった方が売り易い
という意見。

言っている 意味 は理解できる。
アーティストを名乗る以上、他人の意見を取り入れる隙などあってはならない というのも
1つの考え方なんだろう。
もちろん隙を作ったつもりはなく、こちらの考えている 見せたいもの と
画廊のそれ とが合わなかったということ。
その話し合いもした上で、再考する意向で持って帰ってきた。

前にも言っているけれど
これはチームとしての仕事だと思っているから。
描いて終わりじゃない。
紹介する場を用意して、観に来てくれた人に薦めてくれて、気に入ってお金を出して持ってもらう。
そこまでがおれのヴィジョン。

そのために、画廊の人達にも 何か気づくことがあった時には話して欲しい
と初めから伝えてある。
言う方だって言い難いことでしょうが、それを遠慮がちにでも言ってくれる関係が
できたことは喜ぶべきことだと思った。

昔、ん~ボヤッとしてて見えないんだよねぇこの絵はぁ 
という年配のお客さんがいて、
あんたの目が悪いんだろうよ、と思ったこともあるけれど(笑)

プロフェッショナル は、関わる人が皆、ハッピーに近づく場を作ること。
それが仕事だと思っている。

これまでも色々な理由で 強さ を求められてきた。
おれの絵は自分自身を描いているから、派手なパフォーマンスや
驚かせるような世界を作ることはリアルじゃない。
もしそこに 弱さ がみえるのならば、それは 信念 が足りないからなんだろう。
強がりは決して強さではないし、弱さは決して悪いことではないと思っている。
一度終えた絵に筆を足すのは簡単なことではないけれど、
それで新たなものが見える可能性があるのなら、挑戦する意味はある、・・・んじゃねぇかな。

“思うこと、いろいろ” への1件のフィードバック

  1. NOBU より:

    我々凡人にはまるで解らない前途有為の芸術家の内面を見せてくれて有難う。描く才能はなく、ただ観賞するのみでありましたが、ゴッホやマチスの絵がすきでした。ゴッホ美術館など死ぬ前に絶対にいけないと思っていましたが、
    なんと幸運にも2回も訪れて感激でした。才能ある芸術家は生前は恵まれない人生を送るのが通例のようですが、信念に基ずいて自分の絵を描きつずけてください。失礼いたしました。

コメントを残す

archives