そういうものさ

自分が必要としていた大事なものを、手放すハメになった時、
そのダメージから立ち直るには、精神的にも体力的にも
ずいぶんと大きな力が必要だけれど、
その痛みは、おれ自身がもう知っている。
41年生きてきたから。

おれがもしそうなった時、
いつかまた、光の射す道が見つかるんじゃないか・・・
そう思える絵を描かなきゃいけない。
今のおれは 絵描き だから。

悲しみに耐えることを知らなければ、
Happyな絵に奥行きは生まれない。



-Cross road-  mixedmedia on canvas  F20

7月20日~8月2日まで、銀座日動画廊でのグループ展
「夏の会」に出品予定の4点の内の1点






    

コメントを残す

archives