国木田独歩のライスカレー

芸術新潮という美術誌の特集で

アーティストたちの美味しい食卓 というのがあって、

田山花袋がこう書いているらしい。

 

「今、ライスカレーをつくるから、一緒に食って行き給え。」

こう言って、国木田君は勝手の方へ立って行った。(中略)

「もう、飯は出来たから、わけはない。」

こう言って国木田君は戻って来た。

大きな皿に炊いた飯を明けて、その中に無造作にカレー粉

を混ぜた奴を、匙で皆なして片端からすくって食ったさまは、

今でも私は忘るることが出来ない。

「旨いな、実際旨い。」こう言って私たちも食った。

田山花袋「丘の上の家」より

『東京の三十年』所収

20141213_153603

 

19歳から3年間、都内のアパート(6畳1間風呂なし)の今にも傾きそうな

部屋に住んでいた。

どんぶりに盛った、具のないチャーハンとか焼きそばとかをおかずに、

もう1つのどんぶりに盛った飯を食うなんてやっていた。

このライスカレーに近かったのが、炊きたての飯にソースをかけた

「ソーライス」。

今でも時々思い出しては、旨そうだ・・・と思う。

国木田独歩はおれよりもちょうど100年上だ。

2100年になる頃、こんな話は、もうあるまい。

 

 

 

 

 

コメントを残す

archives