そういうことなんだってさ

DSC_0278

前回の続き

 

そういうことなんだよ を現実のものにするというのは

それもまた大変で、大変なのは自分がかというとそうでなく

周りに支えてくれる人たちがいてくれてこそ、という事なんだ。

 

学生の頃期間限定でバイトしたコンテナ倉庫の会社の主任。

「オメーが1番にバックれると思ってたけどよ、

こんなに働くと思わなかったよ、絵で食えなかったらいつでも雇ってやるぞ」

と言ってくれた。

 

卒業後生活に困窮した時に世話になった補修屋の女社長。

朝6時に起きて現場へ向かい11時過ぎに帰宅すると次の日の現場の

FAXが届いているという日々で、

半年もしないうちにアルバイトを辞めたい旨申し出ると

「おい!ただで求人出してるんじゃないぞ!何のためにお前を雇った

と思ってるんだ!」とどやされ、

「3ヶ月後に個展が決まったんですが、今の生活だと描けないんで

申し訳ありませんが・・・」と言った途端に

「おい!お前っ!良かったな!ガンバレ」といって1週間後にその月の

給料とともに送り出してくれ、個展にも来てくれた。

会社も辛い時期だったが元気をもらったとさえ言ってくれた。

 

その後から今まで、20年近く世話になっているアトリエのボスは

これまでの間、留学やら海外での制作やら個展やら、数週間~1年の

休みを容認してくれるという懐の深さ、その間授業を代わってくれる

先輩方、同僚達。

 

その都度、必ず帰ってこいといって送り出し、待っていてくれる生徒さん達。

 

のちに大きな転機を迎えることになる個展の準備中、カタログを作る金がなく、

アトリエに1ヶ月分の給料の前借りをお願いしたところ、

「それ私が貸してあげるよ」と即答してくれた先輩。

 

ここには書ききれない程の人たちの支えがあって描けている。

 

生涯をかけての恩返しは、本物の絵描き でいること。

そういつも心に思っているのだが、

先のボス曰く 「あー、彼は自分勝手な男ですからねぇー(笑)」

 

そういうことなんだってさ。

 

 

 

コメントを残す

archives