まさかの

この1週間は、

春の日差しと上がり始めた気温で若葉が一斉に開きだした

それまでを一気に冬に引き戻すような寒さと雨が続いた。

 

制作の傍ら街へ繰り出し、いろいろなところへ行っては

刺激を受ける。

普段あまり美術館へは行かず、なぜかというと絵描き目線

つまりは描いている側の目線で見えてしまうので、いわゆる

名画については時代を問わず技法から材料、どこから描き出し

どこで終わったかまでが見えてしまい、更にはその時代背景

や絵描きの特徴などは美術文献や実践(模写など)で散々見た

ので、正直あまり驚かない。

勿論、その絵や作家にまつわるエトセトラの知らないこと

は沢山あって、逸話や研究秘話みたいなのは聞くと面白い

し、高画質の画集であっても、流石にここにこんなことが

描かれていたのは知らなかった・・・というような発見は

あるけれど。

なんていうか、タネを知っている手品を見てる感じか?

 

とはいえ1回は行っとかないと!ということで(たぶん)初

となるルーブル美術館へ。

まさか!!!という声が聞こえそうだけれど、まぁまぁ。

で、案の定モナリザは人だかりで遠すぎてよく見えず、その他

ジォット、アングル、ドラクロア、ルーベンス、フェルメール

レンブラント、コロー、ミレー、などなどなどなどを至近距離

で見るも、あぁやっぱりね、みたいな感じ。流石にアングルは

うめーなと思ったりしたが。

IMG_6934

IMG_6920

その点、手法や細かい技術をしらない彫刻はとても興味深い!

単純に大理石の大きさや、木をノミで彫るのだって大変なのに

どーやってこんな質感と造形を!?とひたすら関心してしまう。

 

きっと絵も何も知らない方が感動はひとしおだろう。

そして敬虔なクリスチャンではないけれど、教会の雰囲気には

圧倒され、心が静かになる。

そんな日々でした。

IMG_6356

IMG_6397

 

 

 

 

 

コメントを残す

archives