出会ってしまった

結構昔から骨董品を見るのが好きで、

フランスでもイタリアでも国内各地、生まれ故郷でも

骨董品屋があれば探してのぞきに行ったり、

時には小さな物を買ったり、例えば小さなカップとか

外国で使っていた糸巻きとかティースプーンとかシルクハット

とか自動車のおもちゃとかいづれ家を建てたときにくっつけよう

と思って玄関用の大小の鍵とか、とかとか。

 

昨年のパリ滞在のときにも幾度となく蚤の市を見て回り、

行く度に、家具が欲しくなったりして、さすがに住んでないと

買えないなーと思いながら、いづれ絵を描く時に使うテーブル

なんか、いい風合いの骨董のテーブルを買って死ぬまで使いたいな

なーんて漠然と思ってはいたのだが、

まさか家の近所でぴったりの物に出会ってしまうとは。。。

 

20160321_165815

20160321_165827

 

フランスから遥々やって来たらしいこのテーブル。

しかも何かの作業台に使っていたらしき塗料の跡が!

 

おれが住んでいる街に、フランスやベルギー、アメリカなどなど

で仕入れた骨董品を扱う店舗がいくつか同時にオープンし、

これは面白そうだな〜とおもって出かけていって、

最初に入った店で見つけ、画材以外はしばらくまとまった買い物は控えよう

と思っていたから、ギターも買わず、バイクも買わず、服の類いも

特に不便もしていないから要らないかな、って具合だったのに、

社長椅子は新調したけれど、椅子だけじゃしょうがないし、

目が合っちゃったんでしょうがない!

買っちゃった。

わーい!

 

今まではただの板を横に渡して小さな絵を描いていたんだけど、

当然それでも絵は描けるんだけれど、

こりゃテンション上がるぜ!

絵に向かう時の熱量アップが死ぬまで続くんじゃないかなー。

早く届かねーかなー。。。

20160321_140721

 

 

 

コメントを残す

archives