絵描き冥利

20151105_130355

展覧会の会期も半分を過ぎた。

授業のない日は初めから終わりまで、出来るだけ見に来てくれる

方をお出迎えしたいと画廊へ出かけている。

数年ぶりに会ったり、よく会う友人と会ったり、初めて話しをする人だったり、

多くの人達との出会いがある日々だけれども、

不思議な出会い だと思う事がいくつもある。

 

描いた絵が海を超えて壁にかかる事になったり、

かつて描いた絵の隣に行くことになったり、

描いた絵がきっかけで再会したり。

 

そして、今日は嬉しい再会がいくつもあり、

その中での会話は心を満たしてくれた。

 

絵を見に来たのははじめてだけれど、実物を見てとても良かった。

夢を追い続けている生き方が互いに伝わった。

そして、パリに住んでいて学生時代は毎日この道を歩いていた

というフランス人が、どう見てもパリの景色に見える、と。

見た目を描く人は沢山いるけれど、日本とは文化も違うのにフランスの町の

その空気を描けるのはとても良い!と言ってくれた。

 

これは絵描き冥利に尽きる。

とてもとてもとても嬉しい言葉だった。

ずっと心の中に持ち続けている リアル ってこういう事だったから。

 

これでまた絵が描ける。

そう思った。

ありがとう!

 

 

コメントを残す

archives