空の瓶

ついに捨てる決心をした。

20161111_200347-1

ただのウィスキーの空瓶。

こんなもん取っといて馬鹿じゃねーの?ってやつに

話す事はないけれど、

このボトルの殆どは、おれの事を絵描きだと認めて

2年前の展覧会に持って来てくれたボトルなんだ。

 

スタジオの隅に積んだボトルを目の端で見て、

それを嬉しく思いながら次の展覧会の為の絵を描いたし、

人と人との出会いに感謝の意を込めて

バンドの名前にはJACK+ROSESって付けた位だけれども

すくすくと大きくなる新しい家族の為のスペースを作ってやろうと

片付けてみたら狭い我が家ではこんなスペースも惜しいくらいに

難しかった(苦笑)

 

数日前に偉大な友人を亡くした心には空き瓶一つ捨てるにも

躊躇いが拭いきれないけれど、未来の為に決断したことなんだ。

みんなありがとね!

誰かにとっちゃつまらない話かも知れないけれど

 

空の瓶にはそういう想いが詰まってんのさ。

 

 

 

 

コメントを残す

archives