影の中を行く

20170118_105835

 

36x46cmくらいの水彩画を描き始めた。

場所は一昨年も友人のアテンドで訪れたパリのサン・マルタン運河の辺り。

20170118_112145-1

 

水彩画の良いところは水と絵の具の使い方で

空気や光の感じを自由に動かせるところだ。

いろいろ思うところあって、あまり色数を使わずに進める。

20170118_143533

 

なんとなく全体が見え、

画面右手の建物の感じがパリっぽさを見せてきた。

20170119_104736

 

描き始めに思い描いた空気感を損なわない様に注意しながら

広がりを増していく。

運河を行く黄色の観光船が「どのガイドブックにも載ってる」

ってミーハー感を醸している。

画家の見ている事とは違うけれど、それも事実の一端なので

受け入れる様に描いてみる。

20170120_100334

 

 

画家の見た、そこに吹いている風を思い起こし、

光の温度を少しだけあげるように色を施し、

絵が止まったのでここまでにしてサインを書き入れる。

こうして見ると、描き始めの空気感は捨てがたい。

何を見ているのか、何を描く為に筆を取ったのか。

自問自答を繰り返しながら、その答えの積み重ねが

今日も続くのである。

 

 

 

 

 

コメントを残す

archives