光のありか

50,7 cm X 36 cm 光りのありか 2019

 

同じタイトルで幾つか絵を描くことは良くあることだけど、

使う道具によって内容も効果も目的も違ってくる。

上の画像は縦50cm程の水彩画だ。

かつて誰かが座っていた と言う雰囲気を残すために

あえて質感描写はしないで完成した。

また、、窓の外の景色は省略し、テーマの主である

光に焦点を絞った絵にした。

写真を写していたらこう言う絵は出来上がらない。

この絵が出来たのは、透明水彩の重なりと紙の特徴によるもの

だと思うので、

他の画材で同じことをするのは難しいだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

“光のありか” への2件のフィードバック

  1. 深山陽子 より:

    素敵な作品です。ここに風が吹いて、カーテンとか、花びらがまって
    いる場合はどんな感じになるのでしょう。

  2. Ryo Yoshikawa より:

    ありがとうございます。
    なるべく描くものを減らして、想像で補う様に努めました。
    誰かの残り香や、風がカーテンを巻き上げたり花びらを運んでくる様子が
    入れ替わりに想像できれば良いと思います。
    そういった目には見えないものを見せるのに、カーテンや花びらは良い
    アイテムだと思います。

コメントを残す

archives