新しい絵

IMG_20190803_111538

 

パリでの個展を終え、新たな展開を模索中。

この1年は自分の作り上げて来たスタイルから抜け出すべく

新たな世界観を求めて挑戦して来た。

結果、思っていた様に受け容れられたり、受け容れられなかったり

したわけだけれども、とても充実した期間だった様に感じている。

そして新たに描き出した絵には、これまでのスタイルに加え、

これまであえて捨ててきた 写実的要素 を少しだけ復活することにした。

その効果として、空間の層が増え、より複雑な奥行きが見える事を

目指してのことなのだ。

 

常に どうすれば絵がもっと良くなるか という事しか考えていないが、

なんか バラエティーがないとつまらない という様な事を言う向きも

あって、そんなことに興味は無いが、

ならばこれまで描き続けながら思い描いていた世界観を作って

目に物見せてやろうと意気込んでいるこの頃なのだ。

 

 

 

 

 

 

“新しい絵” への1件のフィードバック

  1. 深山陽子 より:

    光と影、目の前と遠くの映像、風と音により変化している水面、先生の絵を見ると、色の美しさに感動したり想像したりして、どれも好きですね。
    雨が葉から落ちて波紋ができる絵で、色が綺麗で写実的な絵、ってありましたか?なければ描いてほしいです。我が儘言ってスミマセン。稚拙な文章でスミマセン。

コメントを残す

archives