フィレンツェのこと

20200314_203631

今年で22回を数えることとなった『雪梁舎 フィレンツェ賞展』

新潟にあるこの美術館でおれが賞を貰ったのは第4回、2002年のことだ。

受賞当時から週に2日クラスを持っているアトリエに置いてあるのが

目にとまり、当時の記憶が一気にフラッシュバックした。

元々今のフィレンツェとの関係ができたのはこの雪梁舎美術館の

おかげであるけれど、最初の1ヶ月の滞在から1年の留学、

その後スケッチツアーや展示会、旅行などの際にとてもお世話になった

方を見送ったばかりだったから。

 

想いは言葉では上手く言い表せないが、

感謝は直接伝えてきたし、

時々思い出しては笑ったり悲しんだり怒られたりしようと思う。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

archives