ライヴペインティング後記

10月3日に開催された札幌でのライヴ&ペインティングは

相変わらず凄いミュージシャンとそれを支える素晴らしい

オーディエンスの力で作られ、

おれはと言えばせめてものリスペクトでただのお飾りに

ならない様精一杯を尽くした。

アルバムジャケットのテーマは

道なき道を切り開いてきた所に光が射す。

1月の講演では

終わりなき道を歩き続ける姿を。

そして今回の札幌公演では

力強く夜空に羽ばたくイメージを。

 

 

120500344_10159031074581484_9216925748108126347_o

91cm四方のパネルにアクリル絵具を塗り重ね、

ここまでが開場からお客さんが入ってくる間の30分。

 

IMG_4254

 

そこから最終イメージを形にして見せるまでがライヴ

最後の約10分。

 

絵を描く上で経験したことがない条件と緊張感の中で

オリジナリティを持ちながら描いたことの無い絵を描く。

19歳くらいの時の芸大受験を北海道の地で思い出す。

なんか色々30年ぶりだった。

何はともあれ全力でリスペクトした

この思いが音に乗って伝わっていてくれれば言うことない。

 

 

 

コメントを残す

archives