パレットの話

絵を描く時に必要なもの支持体(紙とかキャンバスとか)

筆とか絵具とか、そしてその絵具を溶くパレット。

油絵を描いていた浪人生の頃はこのパレットを自作する

のが何となく習わしだった。

シナベニヤの板にリンシードオイルを幾層にも塗り、

そこで絵具を溶き磨いてはまた絵具を溶く。

繰り返しているうちに艶々ピカピカのパレットが育つ

という訳です。

大学院を出て数年後からオリジナルの表現を求めた結果

油絵具を使わなくなり代わってアクリル絵具を使っている。

 

139978868_10159297830656484_1467586319212270199_n

これはパリのゴミ捨て場で拾った木の板をアクリル絵具の

パレットにしたもの。

白はだいぶ盛り上がってる。

10号以下の小さな絵を描く際には随分使ったなぁ。

 

140263668_10159297830716484_235355764765032889_n

裏返したところ。

ビミョーに反っていたのでシャンパンのコルクを切って

脚に、バーでもらった紙のコースターとか飲んでいた

安ワインのラベルとかが貼り付けてある。

 

140219950_10159297830596484_7344403687686610696_n

そんな感じで拾った厚紙もパレットとして使い、

パリでの制作の終わりと共に白で塗りつぶしてその上に

飲んでいたワインやウィスキーのラベルを貼り付けて

メモリアルボードにしたもの。

額縁をつけて今は絵の道具を入れる物入れとして現役中。

置いてあるのは絵具の溶き皿として使っている紅茶の缶とか

ビスケットの缶の蓋。

 

139895263_10159297830786484_406477278707057727_n

そんなこんなを経て数年のうちに国外で制作する機会も増え

どこでも手に入り軽くて可変自在、変な愛着が沸かないもの

として活躍しているのが段ボール板。

送られてきた画材とか家電とかビールとかウィスキーとか・・・

タダだし軽いし変わりは山ほどあるし両面使ったりして

その後娘の工作の材料にしたりと何かと便利&無駄がない。

と言う特にこれといったオチもないお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

archives