足りないもの

DSC_0666

 

これまで幾度となく災害とか事故とか事件とか、

惨事を目の当たりにして自身の在り方を見直してきた。

その度に複雑に絡んでいると思っている様々なことを

大きく2つに分けて考えてみる。

 

大切なこと と どうでもいい こと。

 

深く深く追求したいとすら思っていた絵を描くことの

意味すらも簡素になっていく。

純粋に と言ってもいいのかもしれない。

命がある ことは大切なことの大前提として、

もう一つ、それは想像力。

決まった答えを導くのに長けている事はとても有益で

世の中に必要な能力である事は明らかではあるけれど、

答えのないものに対してどう振る舞うかと言う姿勢も

また人が生きていくために必要な力だろうと思う。

 

慮る(おもんばかる)give careful consideration

と言う言葉がこの場合最も的確だと思うのだけれど

どーでもいいこと の多くにこの想像力が足りていない

と感じる。

 

目の前の世界の光と影を描いた絵に

生きる力と想像力があればそれが全てだ。

 

 

 

コメントを残す

archives