喜怒

 

新潟県に雪梁舎(せつりょうしゃ)という美術館があり
毎年フィレンツェ賞という公募展を行って今年で11回目になる

今から7年前の2002年に初めて出品し 特別賞 というのを頂き
30日間フィレンツェに研修という褒美もついており これがきっかけで1年間の留学ということになったのだけれど
このたび 12月9日(水)~14(月)上野の 東京都美術館(第2彫塑室B3階)にて過去の受賞作品が展示されることになり
昔描いた絵にまた会えると思うと嬉しい
しかも美術館で

今年の春に受けた注文で描いた絵がまたしてもキャンセルになり・・・
かなり頭にきており へそも曲がっている
これが例えば先にお金をもらっていて描かないとなれば訴訟問題にくらいなるだろうがそこらへんのこと解ってんのかね
決して金銭的な問題ではなく 自分の思い入れを込めた事へ対してのプライドの問題
そういう風に生きているのかどうかは知らないけれど もうこいつにおれの絵は持たせねぇ
ブラックリストパートⅡ

画像は2002年作「敗れざるものたち」oil on canvas F100

コメントを残す

archives