整いました

本日最後に描きあげた作品を持って日動画廊へ。

毎回「間に合うかなぁ・・・」という不安と

闘いながらの制作ですが、限界のペースをなんとか

乗り越えて完成しました。

我ながら力のこもった40点、良い展覧会になる

と感じています。

 

展覧会毎にテーマを決めて描きますが、

描いている間は実に様々なことを考えながら

キャンバスに向かっています。

そこで見えてきたことが次に描く絵に反映されたり、

数年後に形になったり。

今回も、何年も描いてみたかったけど描けなかった

絵があったり、何度も描いているモチーフにこれまでとは

別の空気を見出したり、なかなか楽しい時間でした。

 

そして、これまで行動してきたことやこれから先のこと

が1つの世界観を持って描き表せるという確信が持てたのは

深く集中した時間の中で見出した答えなのでしょう。

 

一つ終わったということは、次が始まることを意味します。

会期中はもう次の制作のイメージが頭の中をぐるぐるしている

ことでしょう。

 

 

 

 

個展出品作

F130 (162cm × 194,5cm)  『小さきものたちの楽園』

 

F100    『青く、深く』

 

S50     『風影』

 

F50  『遠くの空より』

F10     『流閃光』

 

F8     『街の音』

 

F6  『黄昏の影色』

 

 

F4       『Old Style』

 

F4  『日々のかけら』

 

全40点のうちの1部です。

 

 

 

吉川龍展 −幻の風音−

日動画廊東京本店にて3年振りの個展のご案内です。

自身の原風景とも言える光に包まれた自然豊かな景色

から、所縁のあるパリやフィレンツェの街角の光の温度

や風の色をシルエットで描き出した、130号から小品まで

最新作約40点の発表となります。

 

場所

日動画廊東京本店

中央区銀座5−3−16     03(3571)2553

 

日時

6月21日(金)〜7月5日(金)   10時半〜18時半

土曜日は11時〜18時 最終日は16時まで 日曜日は休廊

となります。

 

是非ご高覧いただきたく宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

抱負

この数ヶ月は1日10時間以上制作に向かい

多忙を極めておりますが、本日5月24日

53回目の誕生日を迎えました。

今年初めには引越しや仕事場の改築もあり

地域の皆さんの優しい心遣いと共に

娘2人もすくすくと成長し、お陰さまで

家族皆元気に過ごしております。

仕事面でも更なる目標は次々と見えており

日常生活ともども損得を追い求めるのではなく

些細なことの中にも意味や価値を見いだせる

懐の深い構えで 常に全力 をモットーに

突き進みたいとおもいます。

 

 

 

 

 

第61回 太陽展 のお知らせ

5/22(水)〜6/5 (水) 日動画廊東京本店にて

第61回太陽展が開催され、

S10号の新作1点を出品します。

銀座にお出かけの際はお立ち寄り下さいませ。

 

S10   風色のゆらぎ

 

 

 

?>


archives