地元ということ

宇都宮の個展は多くの方に関わっていただいて実現したのだけれど、

地元 ということをここまで感じるとは思わなかった。

東武宇都宮といえば、陶芸作家であった私の父がお世話になっていた

場所でもあり、当然私よりも父の名前を知る方が何十倍かはいるわけで、

今回も「陶芸の吉川さんと関係ある人?」とよく声をかけていただいた。

もちろん知り合いだったり友人だったり、私の個展をめがけて出かけて

くださった方も多くあったのだが、当初 初凱旋 的な意気込みでいたものの

話を聞いてみれば お礼参り をしているような気持ちにもなったわけです。

 

今回の展示をつないでくれた画商さん、現場で面倒を見てくれた画商さんや

外商の皆さん、私のことを知らずに見に来てくださり、また買ってくださった

皆さん、友人知人、生徒さんなどなど本当に多くの人たちに支えられて

できた展覧会だったと思います。

 

高校時代の友人が、「どんどん立派になって誇らしいよ」と言ってくれたのは

嬉しかったな。

 

私が絵を描いていることで、多くの人の繋がりが出来るというのは

これほど嬉しいことはないと思いながら次の制作をしています。

 

 

コメントを残す

archives