願いの行方

その後ノートルダム大聖堂の塔のデザインコンペのニュースは

目にしないが、これまでの在り方とこれからの在り方

を考えるという意味ではとても興味深く、

先日友人から お前の案も見たい と言われた。

私は建築は全くの素人なのでその場では茶化してしまったが、

在り方の願いとしては形にしても良いのではないかと思い

スケッチをしてみた。

60234452_10157315906136484_5847186257939005440_n

水彩紙にアクリル 縦33㎝程

大聖堂の正面には薔薇の窓と呼ばれるステンドグラスが配置され

内側からは荘厳な美しさの光が見える。

ローマカトリック教会の作りは、外側は質素に、内側にステンドグラスの光

や絵画、彫刻などを配しているとのことなので、

その考え方に準じているかは不勉強だけれど、

個人の望みとしては 内側から外側へ光を放ち人々の心を照らす

という形になればいいと思いこのスケッチを描いた。

派手な光じゃなくて、ステンドグラスを内側から照らしたような

そして本当は、1つの宗教に限らず世界を照らす柔らかい光がいい。

さてどうなるか。。。

 

 

 

 

コメントを残す

archives