時空

 

ふり返ればこの半年描き続けて過ぎた気もする
個展を終えて1日置きに仕事と休日(これまでは制作時間)を交互に過ごし 昨日は心おきなくゆっくりと寝て といっても起きてみたらいつもと同じ時間だったけれど
ずいぶん休んだような気がしていたのだけれど
まだ1週間も経っていないんだな

本日友人の展覧会へ行き
いろいろと話をした中で思ったことは
描くのをやめなくて良かった ということ
そしてここ数年は自分の 好きなペース では制作出来なくなってきたと言うこと
彼とは2002年に会って以来似ているところがいくつも見えて お互いにいい刺激になる関係だと思っている

今読んでいる本が 時空を超えたり する話で
人々の想像をかきたてるもの と言うのはやっぱり楽しい

明日目覚めたら 100年前の世界になっていたらどうしよう・・・
とか(笑)
やっと絵描きとして見えてきたものがある という時期に
別世界でただの旅人(りょじん)さんになることへの恐怖と興味

どの世界にしても 次にやってみたいことがある と言うのは時空を超えて伝わるのだろう

数千年前の動物を象った小さな金属もいろいろなことを語ってくれる気がする



archives